正晃テック株式会社

2013年7月

【プレスリリース】MIB-1 (Ki-67) セミオートカウントソフトウェアをリリース

2013年7月23日

正晃テック株式会社(本社:福岡市東区松島3丁目34-33、代表取締役社長:森永健一郎)は、MIB-1 (Ki-67) セミオートカウントソフトウェアの販売を開始いたしました。
MIB-1(Ki-67)セミオートカウントソフトウェアは顕微鏡用デジタルカメラで撮影した画像を自動解析し、陽性核と陰性核にそれぞれ色分けしマーキングします。最終的には病理医の判断で微調整(マーキングの追加や削除)を加え作業を完了させます。この微調整の際の操作が非常に簡便であるため、これまで時間を要していたMIB-1陽性細胞率の算出時間を大幅に短縮することが可能になりました。また価格はこれまでにない低価格でのご提供となっております。
■動作条件
・OS:Window7 or 8 (64bit) / メモリ: 4GB以上
・対物レンズ: 40倍 / 解像度:1,280×960(QVGA)のJPEG画像

2012年6月

【プレスリリース】医療用シェーマ描画ウェブサービス(無料)

2012年6月7日

正晃テック株式会社(本社:福岡市東区松島3丁目34-33、代表取締役社長:森永健一郎)は、医療用シェーマ描画ウェブサービス(無料)を開始しました。
医療用シェーマ描画ウェブサービスは、循環器系シェーマ図テンプレートを数多く用意し、ウェブ上でシェーマ図テンプレートの編集・加工ができます。画像をダウンロード(透過png画像)すればパワーポイント等でご利用いただけます。
※推奨ブラウザ IE8.0 IE9.0

2007年3月

株式会社ヌーラボとの業務提携について

2007年3月1日

正晃テック株式会社(本社:福岡市東区松島3丁目34-33、代表取締役社長:渕上幹生)は、
株式会社ヌーラボ(本社:福岡県福岡市、代表取締役:橋本正徳)と業務提携を行うことに致しましたので、下記の通りお知らせ致します。

提携の期間

2007年3月1日~2008年3月31日
本提携は1年ごとに延長する予定です。

提携の目的

システム開発における共同開発プロジェクトの推進、開発リソースの相互扶助を推進します。
システム開発等における、プロジェクト運営、システム構築、プログラミング等の相互技術供与提携により、両社技術力の向上を計ります。

提携の内容
  • 共同開発プロジェクトの推進のために相互にリソース状況の通知を行います。
  • 共同開発プロジェクトの推進のためにプロジェクトの情報の共有を行います。
  • 相互技術供与の推進のためにオブジェクト指向等プログラム実装技術の交換を行います。
  • 相互技術供与の推進のために実装技術におけるカリキュラムの作成、セミナーの開催を行います。
  • 相互技術供与の推進のために開発プロセスにおけるプロジェクト運営技術の交換 を行います。
  • 相互技術供与の推進のために最新アーキテクチャ等の情報交換を行います。
  • 相互技術供与の推進のために技術的問題点の情報共有と相互扶助による解決を計ります。
具体的な提携に関する業務

両者1名の主任担当者を置きます。
定期的(年に2度)、本業務提携にかんする今後の指針と、成果の評価のために主任担当者による協議を行います。
両社ホームページ等の公の文書にて本業務提携について公表します

2005年5月

上海 第一回心エコー定量解析ワークステーション臨床評価セミナー

2005年5月11日、上海ラニー科技有限公司と正晃テック株式会社の協力のもと、上海医学会超音波委員会が主催した「第一回心エコー定量解析ワークステーション臨床評価セミナー」が上海暇日酒店Holiday Inn Downtown Shanghai で行われました。

上海第一回心エコー定量解析ワークステーション

カラーキネシス画像処理ソフトICKの臨床評価を内容にしたセミナーで、上海医学会超音波委員会、北京阜外心血管病院、上海中山病院、上海長海病院の専門家を始めとする中国各地の80人の心エコーの専門家が参加しました。北京阜外心血管病院、上海中山病院、上海長海病院の専門家が正晃テックのICKソフトの臨床応用における評価報告を行いました。
「ICKソフトは非侵襲的で客観的に正確な判断が可能であり、心臓の壁運動を評価する新しい手法である」と専門家たちの評価を得ています。

第46回日本臨床細胞学会総会(春期大会) 機器・医薬品展示会

第46回日本臨床細胞学会総会(春期大会)

会期:2005年5月27日(金)~28日(土)
会場:福岡国際会議場2F多目的ホール

病理検査業務支援システムWebPath、病理画像管理システムPapfi、簡易バーチャルスライド作成システムなどを展示いたしました。

2005年4月

第16回日本心エコ-図学会(神戸国際会議場)

 
第16回日本心エコ-図学会(神戸国際会議場)にて、ICK・VoluMap-445、ProSolv、IB-IVUSの展示を行いました。 (株式会社ワイディとの共同出展)

会期:2005年4月21日(木)~23日(土)
会場:神戸国際会議場

心エコー図学会2日目(4月22日) 神戸国際会議場メインホールにて、関西電力病院 循環器内科 石井克尚先生によるエコーライブセミナー「Color Kinesisを用いた新しい左室局所拡張機能の評価とその臨床応用」が開催されました。

2004年10月

北京心エコー臨床応用セミナー

正晃テックは医療のためのソフトウェア、システムの開発・販売・保守サービスの専門企業として、数多くの臨床現場、大学・企業の研究分野を支援させていただいております。

 
心エコー臨床応用セミナー会場
弊社ではこの度、北京の新大都飯店にて開催されました『心エコー臨床応用セミナー(阜外心血管病医院主催)』に 協賛し、心エコー画像解析ソフトウェアを展示いたしました。
セミナー会場には、中国全土より多くの専門医の方が集われました。

弊社展示ブース前にて
写真左:石井先生、右:王教授
 
阜外心血管病医院の王教授と関西電力病院の石井先生
展示したソフトウェアは、①ICK ②VoluMap-445 ③ProSolv
※各製品の詳細は本サイトPRODUCTのコーナーをご参照ください。

セミナー会場にて
写真左:中島社長、右:石井先生
 
関西電力病院の石井先生と(株)ワイディの中島社長
ICKは石井先生が考案されたものを、(株)ワイディと弊社で共同開発したソフトウェアです。

 
上海ラニー科技有限公司の皆さん
中国で業務提携している上海ラニー科技有限公司の皆さんです。写真左から2番目が、李社長。