王  浩

WANG HAO
1961年 江蘇省無錫市生まれ
勤務先機関:中国医学科学院阜外心血管病病院
所属・役職:心エコー科主任、主任医師、指導教官

略 歴

1983年
年蚌埠医学院医療学部本科卒業
1989年
安徽医科大学心内科修士学位取得
1997年
中国協和医科大学博士学位取得
1998年
アメリカピッツバーグ大学エコー図研究室で博士後期課程修了
(~2000年)
2001年
中国医学科学院主任医師に破格昇進
現在
中国医学科学院阜外心血管病病院心エコー科主任、
主任医師、
指導教官を担当
科学技術部中小企業新基金委員会評審専門家

中国医学映像技術研究会理事

アメリカ心エコー図学会会員

経歴、主な活動

王 浩教授は20年間医療に従事している中、教学病院内科及び心内科で9年勤め、主治医などを担当していた。 内科及び心臓の各種多発病、よくある病気、難病などに豊富な臨床経験を持っている。

海外でアメリカ心エコー図学会(AHA)の研究項目に参加。研究内容にはカラードプラ技術を用いて正常、心臓病患者、 パルスやカラードプラを用いて伸縮性心嚢炎、制限性心筋症などを鑑別などがある。

先天性心臓病、僧帽弁病、心筋病、冠動脈病などの診断に豊富な経験を持っている。「胸動態三次元心エコーによる 心臓の再建及び大血管の立体映像」は1997年院所の優秀論文一等賞を、2000年にはエコー二次元及びドプラ法を用いた 冠動脈など動脈血管の血流の促進に関する内容の論文が院所優秀論文一等賞を獲得。

さらに、部下の医師たちを指導し 経食道心エコー検査、手術中心エコーによる心外科手術に対する引導や評価、心エコーの房間隔及び室間隔の欠損閉合術に 対する引導、負荷心エコーなどを実施。2001年から3年連続で、内地心エコー専門家として唯一要請され、アメリカ各地の 有名な病院の専門家からなっている国際「児童心連心」医療隊とともに、中国大西北で当地の児童のために手術を行った。

現在二つの大きな部レベルの研究項目を単独で担当しているし、多数の研究生(修士)を指導している。