医療およびICT関連技術がめざましく発展していく中で、正晃テックは医療・研究分野向けのソフトウェア製品開発・販売・保守及びクラウドサービスを提供する企業として、数多くのお客様を支援させていただいております。

専門性が高くニッチな分野に特化することで他社にない良質なサービスをご提供できるものと確信しており、病理・不妊治療・心エコー分野には特に力を入れております。

病理検査室の業務全般及び病理医の診断入力・レポート作成等の支援システムWebPathは、現在国内で最も使用されている病理部門システムです。
ウェブで開発された特性を活かし、院内のみならず広域での遠隔病理診断の基幹システムとしても滋賀県内、長野県内、宮城県内、日本とベトナム間など多数ご利用いただいております。

ARTiss+(Assisted Reproductive Technology Information System + )は、不妊治療クリニック向けの業務支援システムであり、治療実績が豊富で世界的に有名なクリニック様でもご利用いただいております。

心エコー分野はドイツのTomTec社と協業しており、各種多様な心エコーレポート作成支援システムeUsersと診療情報統合管理ウェブシステムMIDwebを組合せ、大学病院様等でご利用いただき高い評価を得ております。

正晃グループの基本理念である、誠・正・精に加えて、使命、先駆、信頼の6つのSを念頭に、医療・研究分野向けソフトウェア製品及びサービスを提供するエポックメーカーを目指して参ります。

正晃テック株式会社
代表取締役社長
森永 健一郎